スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方で確実に不妊を克服する

今回は不妊症と生理痛との関係について、婦人科が専門の女性中医師(中国の漢方医)にお話を聞きました。

 「腹の堅い女性は妊娠しにくいといいます。下腹部や足の付け根あたりをさわって堅く感じる人は、骨盤内の血流障害や子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣膿腫などの疾患が潜んでいる可能性をあらわし、このような人には生理痛があることが多い。それが妊娠の妨げになっていることもあります。」

 このような症状は主に血液の流れが悪いことが原因で、これを中国医学では瘀血−おけつと云っています。
そのおもな症状として婦人科系では、月経血に血塊(レバー状)が混じったり、色がどす黒かったり、粘りがある。月経前後に茶色っぽい帯下(おりもの)がある。生理が遅れ気味。また、生理中に頭痛など不快な症状が多く見られます。外見上では舌が暗い色や紫色、シミのような斑点がある。手のひら親指側に血管が浮き出ている、足の静脈瘤、目の下のくまなども体の中で血液が滞っているシグナルと考えられます。

 瘀血を改善するための薬を活血化瘀薬(かっけつかおやく)といいます。これは子宮筋腫や内膜症、卵巣膿腫の治療や予防、癒着(受精卵の卵管通過不良、子宮後屈や卵管、子宮変形の原因となる)が起こるのを防ぐことができます。また、活血化瘀薬を月経期に使うことで子宮内膜をきれいに掃除し、新しい内膜を作る準備をします。(ホルモン療法を長期に行っている場合は特に必要となる)。

 骨盤内の血流を改善して新鮮な血液が卵巣や子宮にいきわたるようにすることはそれだけでも卵子発育にとっても排卵や卵子の移動にも良い環境といえます。

 このときによく使われる生薬は紅花、丹参、赤芍、当帰などで、処方としては冠元顆粒(かんげんかりゅう)、血府逐瘀丸(けっぷちくおがん)、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)などがあります。ただし、妊娠した可能性がある時は、月経予定日前くらいから薬を止めたり、減らすなどの注意も必要です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

おじじ

Author:おじじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。